sponsored link

腱鞘炎の治療・肘用サポーターやテーピングは吉?

5a1990cd56a49acb5fd3710da5f21411_s

腱鞘炎緩和のためにサポーターテーピングをするのが良い?

5a1990cd56a49acb5fd3710da5f21411_s

辛い痛みを緩和するには?

肘の腱鞘炎は、重いものが持てない、雑巾絞りができないなど辛い症状ばかりが出てきます。

この症状を緩和するために、サポーターの着用やテーピングを施す方もいることでしょう。

その時は正しい位置に筋肉がおさまり、腱への負担も緩和されます。

患部をホールドすることで、雑巾が絞れるようになったという方も出てきます。ただし、腱鞘のダメージそのものは治っていません。

痛みが強い場合は整形外科医の診断を仰ぎ、投薬などの適切な治療を優先させることをお勧めします。

sponsored link

一時しのぎの方法を長期間続けるのはNG

肘用のサポーターを装着することやテーピングを施す方法は、いわば一時しのぎの方法です。

痛みを緩和し、日常生活を円滑に過ごせるアイテムと位置付けることができますが、炎症部位を完治させるまでには至りません。

自然治癒が見込める症状ですが、時間を要することは痛みを感じている本人が分かっていることでしょう。その間にも腕全体を使うことで症状が悪化する場合も否めません。

まだまだ大丈夫と思っているうちに、手術の選択肢しかなくなったということもありうるため、痛みが強いと感じる頃には必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。

その時に「いつ、どんな時に、どこが痛むか」等をメモでもよいので必ず伝えるとスムーズです。

医師の治療と併用しながら患部を守っていきましょう。

肘用サポーターやテーピングなどのアイテムの利用が必ずしもNGと言い切ることはできません。

筋肉の流れをホールドすることで、腱や腱鞘を固定することにもつながります。

負担をかけないよう治療と併用しながら、患部を守っていきましょう。ただし、医師の指導・監督下で患部を守っていくことをお勧めします。

キネシオロジー用テープを使った固定法などに関しては医師の見解もそれぞれ異なりますので、相談をしながら腱鞘炎治療の補助として取り入れていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>