sponsored link

腱鞘炎の治し方・腕や肘の腱鞘炎になりやすい人と治療法!

kensyouenude

腱鞘炎治し方の痛みを取り除く方法とは?

kensyouenude

子育て中に好発します

腕や肘の腱を守る役割を担う腱鞘が炎症を起こすことがあります。

スポーツで体全体を良く使う方に好発する症状ですが、子育て中の母親に起こりやすい症状として捉えられています。

話を聞くと「抱っこをする」「雑巾を絞る」等負担がかかる動きをした時に痛みを伴い、安静にしている時は症状がないという場合が殆どです。

職業病と同様、その腱を動かすための一定の動きをしたときのみに起こる症状です。

症状がひどくなると、抱っこができなくなる、物が握れなくなる、関節が動かせないというような状況になります。

更年期間近の女性にも起こりやすい症状

腕や肘の腱鞘炎は、子育て中の母親だけではなく更年期に差し掛かった女性もかかりやすいとされています。

これはホルモンバランスの乱れが原因であると考えられています。

ホルモン量が減ることで、腱鞘がむくんで腱を圧迫することが大きな原因として考えられています。

sponsored link

治し方の一つとして、更年期の治療を並行していくことで症状が和らぐこともあるようです。

症状が辛い時は安静にするのが一番なのですが、難しい場合は仕事をセーブしながら続けていきましょう。

自然治癒が見込めない場合は、外科治療を行うことも視野に入れます。

治療法は?どのくらいの期間で治る?

肘や腕の腱鞘炎の治し方を知りたいという方も多く見受けられます。

一番はシップや外用薬を用いた保存療法が選択されます。

ホームケアとして手首と指などのストレッチを行ない、駆動部分をスムーズにさせる動きも取り入れます。

症状が緩和されない場合は、局所麻酔・ステロイド注射を行い炎症を緩和する方法をとる場合もあり、1~2ヶ月ほどで緩和すると考えられています。

保存療法における治し方で症状が緩和されない場合は、手術療法を選択することもあります。

腱鞘を切開する方法を取りますが、再発の危険や筋膜切開などに至る場合も考えられるので、術後のリハビリが長期化することも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>