sponsored link

腱鞘炎の治し方・手首に痛みがある赤ちゃん育児中や産後ママへ

akatyan

赤ちゃん育児をする産後ママで手首に痛みはありませんか?
それは腱鞘炎かもしれません。
赤ちゃんの育児中に起こる手首の痛みについて、腱鞘炎治し方をご紹介します。

akatyan

出産した女性に起こりやすい症状

腱鞘炎は産後間もない母親や育児奮闘中の方に起こりやすい症状です。

特に赤ちゃんを頻繁に抱っこする方は、手首の痛みを強く伴うことがあるようです。

 

これは、出産を終えた後に女性ホルモンの分泌量が大きく変化するために、腱鞘をむくませてしまうことが考えられています。

おむつの交換や抱っこなどの世話を行うことで腱が太くなって通過障害に発展し、炎症や痛みにつながると考えられています。

 

女性ホルモンの分泌量が落ち着いた後でも、腱鞘の炎症は治まりませんので、長期的に辛い症状だけが残るとされています。

酷使は禁物

赤ちゃんのお世話を甲斐甲斐しく行うのが産後の母親の仕事です。

ですが、手首の痛みは日常生活にも支障をきたしてしまいます。

また痛みがある手をかばうことで、思わぬ事故につながってしまうことも予想できます。

sponsored link

腱鞘炎の治し方の一つとして「安静にすること」が挙げられていて、少しでも腕を休ませることが大切です。

赤ちゃんをゆりかごのようなベビーラックなどに乗せて家事をすることやおんぶで両腕を自由にするなど対策を取るようにしてみましょう。

抱っこすることも子育ての上でたいへん大切なことですが、自分の体の痛みを犠牲にすることで、症状を悪化させてしまうことも考えられます。

治し方のセオリーを参考に少しリラックスして育児に挑みましょう。

抱っこひもで緩和しよう

腱鞘炎の症状が出始める時期は、赤ちゃんの夕暮れ泣き(コリック)が始まる頃と重なります。

なだめるために抱っこを続けることで痛みが悪化してしまうことがあるので、首が据わっているのであれば、おんぶひもを使って背負うことをお勧めします。

生まれたての頃から首が座りかけている時期は、スリング等を併用して抱っこの負担を緩和しましょう。

体に負担がかからない設計がなされている抱っこひも・おんぶひもを使うことで、手首の痛みを緩和するだけではなく、体全体の痛みを緩和することも可能です。

 

また、腱鞘炎のために開発されたサポーターを使うのも一案です。


このサポーターを巻いておくと、痛くて赤ちゃんをだっこできないということも緩和されるので、ママにおすすめです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>