sponsored link

腱鞘炎による手首の炎症に対する治療方針と治し方は?

tekubi2

腱鞘炎による手首の痛みに対する治療と、治し方のセオリーについて

tekubi2

まずは安静を取るのが一番です。

辛い痛みを伴う腱鞘炎。

痛みが強くなることで、手首がロックされたように動かなくなってしまうことがあります。

この症状は、骨同士をつなぎとめる腱を束ね包む腱鞘(けんしょう)が炎症を起こすことで発生します。

炎症が起こっている手首が何らかのアクションを起こすことで腱鞘が腱の動きを妨げてしまうため、強い痛みにつながるのです。

腱鞘の炎症で動きを妨げられている腱は肥大・硬化することもあり、悪循環に陥ることも指摘されています。

治し方として、まずは安静にすることを推奨しています。

数日間動きをセーブすることで、症状が改善されることがあるのです。

シーネ固定や投薬も視野に入れます。

整形外科で診察を受けると、添え木を用いたシーネ固定をすることを勧められます。

治し方のセオリーとして紹介されている「安静」に伴った治療法で、手首を動かさないようすることが目的です。

また、痛みを取るという観点から、患部に麻酔薬やステロイドを注射し、炎症を直接取り除く方法もあります。

この方法はポピュラーな治療方法で、患者の職業背景等を考慮し、第一選択枝として注射を行う病院も多いほどです。

これにプラスして、湿布薬の処方や、代謝・血行を促すビタミン製剤や鎮痛剤の処方を行い経過を観察していきます。

sponsored link

最終選択枝として、手術があります。

固定や投薬といった治し方のセオリーに従っても、手首の腱鞘炎の痛みがなかなか良くならないという場合は、手術も考慮に入れます。

炎症を起こしている腱鞘を切開し、腱の動きをスムーズにする切開法と呼ばれる術式を取ります。

ただし、切開を行っても他の部位で炎症を起こす可能性が考えられ、再発の可能性があります。

またリハビリが必要になること、「手の外科」を専門にした医師のもとで手術を受ける必要があるなど多少の制約も伴います。

しかし痛みが劇的になくなり、動きの制限から解放される可能性の方が高いため、手術を受ける方も増えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>