sponsored link

腱鞘炎とは?症状を生まないための対策はどうすればいい?

dfcced194bad72df5d7a3883b0dbd123_s

腱鞘炎とは?症状等を詳しく説明。また対策法は?

dfcced194bad72df5d7a3883b0dbd123_s

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、腱を包む「腱鞘」が炎症を起こし、様々な痛みを生んでしまう状態を指しています。

手首や指に起こりやすい症状と言われていますが、腱鞘に負担がかかりやすい足や足首にも症状が出てきます。

この病気はその部位を酷使すること、負担をかけてしまうことで起こると考えられています。

また、女性ホルモンが減少することにより、腱鞘がむくみを起こし、腱を圧迫することによっても起こると言われています。

スポーツをする方、職業で指や手を酷使する方、女性ホルモンの分泌が急激に変わっていく更年期や産後まもない女性もかかりやすい病気です。

どんな症状でしょうか

腱鞘炎にかかるとまず始めに痛みが出てきます。

人によって症状は異なりますが、「タイピングをしている時にだけ痛みを感じる」「雑巾を絞っている時だけ痛みが強くなる」「重い物が持てない」など、特定の動作をした時にだけ強い痛みを感じるという方がほとんどです。

病院ではフィンケルシュタインテストと呼ばれるテストを取り入れて症状や状況を見極めます。

sponsored link

 

ただ痛みの症状があるだけではなく、腱が肥大化することによって、腫れや灼熱感を伴うこともありますので、見た目で判断できる場合もあります。

腱鞘は様々な場所にありますので、負担がかかればどんな所にも炎症がおこりやすいとされています。

対策法は?

腱鞘炎とは、日常生活の妨げになる病気とも言えます。

病気を作らない対策をすることも必要です。

必要以上に負担をかけないことが第一の予防法だと言えますが、しかし主婦の家事や育児は切っても切り離せません。

またスポーツ選手やキーパンチャーなど、職業だから手足の動きは欠かせないという方もいます。

このような方たちでも適度に休息を取ることが重要で、使いすぎたと感じる場合はアイシングをして患部を冷やすことも大切です。

ストレッチ体操を取り入れて、筋肉を鍛えることも腱や腱鞘に負担をかけないポイントになります。

 

また、サポーターを使う方法もあります。



これなら、手を休ませられない人も使えるので、便利ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>