sponsored link

スマホを使いすぎて腱鞘炎になっているかも!?セルフチェックの仕方は?

sumaho2

スマホ腱鞘炎にかかることも。セルフチェックで健康を保とう。

sumaho2

指の痛みを感じていませんか?

モバイル端末を所持している方の割合が多くなっています。

このところ専門家が指摘しているのは「依存性」や、それによる体の異変です。

特に「指が痛い」「肘や手首が痛い」などの症状を訴えて整形外科を受診する方が増えてきています。

あなた自身に起こっている症状は、もしかしたらスマホの使いすぎによる腱鞘炎かもしれません。

症状が悪化することで、指が曲げられない・重いものが持てなくなるというような日常生活への支障をきたすことがあるため、セルフチェックで症状にいち早く気づき生活を改めていくことをお勧めします。

この症状は大丈夫?

スマホによる腱鞘炎を引き起こしていないかセルフチェックをする方法があります。

まずは端末を操作する側の手を開いた状態から親指を中に入れて握りしめます。

力を込めて握りしめた際に、手首の痛みや指の痛み、肘や腕の痛みがないか確認します。

次にその状態からゆっくり手を広げていきましょう。

指はスムーズに広がりますか?

こわばってなかなか動かない、しびれを感じる、ばねのようにはじきながら指がまっすぐになったなどという場合は症状が進行している可能性が高い状態です。

スマホを操作している姿勢を取らない状態で痛みがあるかどうかも比較してみるとよいでしょう。

痛みが強い場合は早めに医師の診断を受けましょう。

sponsored link

早めに受診をして改善する

早めに受診をお勧めしているのは、症状が悪化することで指が曲がらなくなるなどの弊害を防ぐ理由からです。

症状が進行することで、整形外科での治療がセオリー通りに進まなくなる可能性も秘めています。

治療方法は固定しの上で安静にすること、患部にステロイド剤を注射して炎症を抑えることを第一段階としています。

この治療が功を奏さない場合、手術を選択することがほとんどです。

腱鞘を切開して、腱の動きをスムーズにする手術ですが、その後のリハビリが必要となりますし、他の部位に起こる炎症で再発する可能性も秘めています。

また、手に傷がついてしまいますので、最終段階の治療として選択されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>