sponsored link

スマホによる腱鞘炎にマッサージは有効?症状の緩和方法とは

sumaho3

スマホでかかる腱鞘炎マッサージで症状は緩和できるでしょうか?

sumaho3

親指の痛みや指のしびれに要注意

オンラインゲームが主流となった昨今、通勤途中や余暇を使ったスマホゲームに熱中する方の割合が増えてきました。

情報ツールのモバイルとしての使用用途よりも、ゲーム端末や交流ツールとして位置付けている方が多いという統計結果もあるほどです。

四六時中スマホを使用している方の中には、親指の痛みや指のしびれ、肘の痛みを感じている方もいます。

この症状を持っている方は、腱鞘炎を引き起こしているかもしれません。

腱鞘という、腱を束ねる膜そのものが炎症を起こしている状態を指しており、腱の動きを妨げていることで痛みやしびれを伴っているのです。

患部を揉むのはマイナス効果

痛いからマッサージをするという考えを持つのが自然な流れだと言えます。

マッサージは、血液の流れが滞ることで起こる筋肉疲労にはもってこいなのですが、腱鞘炎に対してはNG行動だと指摘されています。

sponsored link

 

腱鞘が炎症を起こしている状態ですので、患部を揉みほぐすことは炎症部位を更に刺激することにつながりますので、症状を悪化させてしまいます。

痛みを感じた時は、揉みほぐしをすることなく、冷湿布などで冷やすことを優先させましょう。

また安静状態を保つことも大切な治療の一つです。ゲームなどで指を使いすぎないよう適度に休息を入れてください。

曲げ伸ばしのストレッチが有効です。

予防法を覚えて、痛みを和らげたいという方も多く見受けられます。

時間を決めるなど、メリハリをつけてオンラインゲームを行うことが一番の予防法になります。

それ以外の予防法としては、曲げ伸ばしをして筋肉の緊張を取り除くことができるストレッチを取り入れていくことをお勧めします。

ストレッチで筋肉の血流を高めておくことで、筋肉をつなぎとめる腱に負担がかからなくなるため、無理な動きを緩和することができます。

痛みがあるときは控えるべきですが、できるだけ毎日実践していきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>