指の腱鞘炎にテーピングは有効?固定方法はどうやるの?

公開日: : 指の腱鞘炎

指の腱鞘炎を抑えるためのテーピングで患部を固定する方法。

yubikotei

治療の一環として選択されます。

指の腱鞘炎を治す方法として「固定を行い、安静を保つこと」が挙げられています。

整形外科ではシーネ固定と呼ばれる添え木を患部にあてて固定させる方法を選択することがありますが、スポーツ整形などでは、テーピングを施し筋肉の動きを妨げず、体の動きを補助する固定を行います。

指の腱鞘炎においてもテーピングを施し、日常生活を妨げない工夫を行う治療院が多く見受けられ、動きの範囲が広がるため腱鞘炎の治療に有効だという見方も強まっています。

医師の診断を仰がずとも、自主的に専用テープで手を固定させ安静を保つ方もいます。

間違った固定はNGです。

ただし、やみくもに固定をすることはNGです。

間違った処置をすると、筋肉そのものが動きを制限されてしまうため、筋肉が凝り固まってしまい腱鞘炎の症状を悪化させてしまう可能性があります。

特に指の腱鞘炎の場合、テープ固定によって動きが制限されることは、日常生活に支障をきたすことにもつながります。

患部を固定し安静を保つ場合、スポーツ整形外科医など有資格者から、筋肉の流れを考慮した施術を受けることをお勧めします。

素人仕事のテープ固定は絶対に行わないようにしましょう。

もちろん品質が高いテープを用いることで、アレルギーなどの皮膚疾患を防ぐことも可能です。

sponsored link

専門家による施術を受けよう。

テーピングの技術は専門的知識が必要です。

テープを貼ることで固定の意味を果たしますが、特定の筋肉の動きをアシストする働きも担います。

専門家が行うことで、さまざまな意味を持ちますが、素人の技術では何の意味をなしえないどころか腱鞘炎の痛みを悪化させることにもつながってしまいます。

テーピングをする際は、必ず専門家のもとで施術を受けることをお勧めします。

中には、技術をレクチャーしてくれる病院もありますので、技術を覚えてセルフでテープを貼ることもよいでしょう。

ただし2週間に一度は必ず医師の診察を受け、経過観察を行うことをお勧めします。

 

 

sponsored link

sponsored link


関連記事

tyuusya

指の腱鞘炎を治す方法は?注射をするの?!

指の腱鞘炎を治す方法として注射を行う治療法があります。 病院では治療の第一選択 指の腱鞘

記事を読む

yubi1

指の腱鞘炎の症状は?治療法はどんな治し方がある?

指の腱鞘炎の症状とは、その治療法について バネ指、曲がらないなどの状態は? 強い痛みを伴

記事を読む

asi

手の指の腱鞘炎と足の指の腱鞘炎の治療法は?

手の指の腱鞘炎と足の指の腱鞘炎、治療法は同じなのでしょうか。 症状は同じ 手の指の腱鞘炎

記事を読む

yubi2

指の腱鞘炎にマッサージはご法度!?NGなのはなぜ?

指の腱鞘炎を緩和するためにマッサージがNGなのはなぜ? 炎症が起きていることを理解しよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

★慢性化した腱鞘炎の痛みを解消する方法

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s
腱鞘炎は足の甲もかかるの?!治療や予防法は?

足の甲の痛みは腱鞘炎です。治療や予防法等を伝えます。 歩けな

db24dc4584823403b942fc3a2f267eae_s
腱鞘炎の痛みをカバーするための、足用サポーター着用はOK?

腱鞘炎の痛みをカバーするための、足用サポーター着用はOK?腱鞘炎の足に

3ebbcf79c38ba38ffd850c2678d1bee5_s
腱鞘炎予防・早期治癒のための肘のストレッチ方法は?

腱鞘炎で悩まないよう肘のストレッチを行いましょう。 病院へ長

3e3e0fc83dcfc1ee6ede68c33b5eef89_s
腱鞘炎の辛い肘の痛みをつぼ押しで緩和する方法は?

腱鞘炎の辛い肘の痛みをつぼ押しで緩和する方法など 辛い痛みを

5a1990cd56a49acb5fd3710da5f21411_s
腱鞘炎の治療・肘用サポーターやテーピングは吉?

腱鞘炎緩和のために肘用サポーターやテーピングをするのが良い?

→もっと見る

PAGE TOP ↑