sponsored link

腱鞘炎の治し方・親指や中指が痛い!バネ指、ドケルバン病とは?

oyayubi

腱鞘炎治し方について。親指中指が痛い時の対処法や治療法

oyayubi

バネ指などと呼ばれることも

腱鞘炎が進行したことが原因となって「バネ指」と呼ばれる症状になってしまうことがあります。

腱鞘が熱くなることや、腱そのものが肥大化するために、腱と腱鞘が摩擦によって通過障害を引き起こし、バネ症状を起こします。

特に中指や人差し指がなりやすいと言われています。

中指ばかりではなく、親指の付け根も同時に痛むという方もいるほどです。

この症状が更に進行すると、指を曲げると意図せずに戻ってしまう、指が曲がらなくなるという症状になります。

治し方としては、整形外科で局所にステロイド注射を行い症状を抑えることや、腱鞘を切除する方法があります。

sponsored link

ドケルバン病という症状も考えられます。

同様の症状で、ドケルバン病(狭さく性腱鞘炎)という症状があります。

これは、親指と手首をつなぐ腱鞘に炎症がおこる症状で腱鞘が腱を圧迫すること、腱そのものが肥大化することで起こります。

治し方としては、バネ指と同様、局所にステロイド注射を行う他、添え木を用いたシーネ固定が検討されます。

回復が見られずに再発をくりかえす場合は、最終手段として腱鞘を切開し治療します。ドケルバン病の場合は、痛みを強く伴うことが多いため、早めの対処や治療が求められます。

腱鞘炎で親指や中指が痛いときの対処法や治療法は?

症状が軽い場合は、サポーターで固定し患部を休ませるようにします。

タイピングは必須というような仕事などで指を酷使する場合は、ショートカットキーなどを駆使しながらタイピングの回数を減らしていく方法も良いと考えられます。

また過度な作業は避けるようにしてください。

治療法としては添え木を用いた固定で安静にすることと、局所ステロイド注射などが選択され、固定で治療をする前にステロイド注射を選択する場合もあります。

そして最終手段として、腱鞘を切開し腱の動きをスムーズにする方法を取ります。

手術はリスクを伴いますし、再発の可能性も秘めています。医師の説明を聞いたうえで選択していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>