sponsored link

足の腱鞘炎の原因は意外なものだった!?治療法はどうするの?

5e51289634111c4fe31b7ddf5e3fce50_s

足の腱鞘炎原因治療法についてご紹介します。

5e51289634111c4fe31b7ddf5e3fce50_s

いつもの靴、よそいきの靴

歩くと足が痛い!足指の曲げ伸ばしができない!というような腱鞘炎の症状に悩まされている方は少なくありません。

中には特定の条件がそろった時だけ痛みを感じるという方もいるのではないでしょうか。

痛みがあって歩けないという場合、どんな時に痛むかメモを取ってみましょう。

もしかしたら、腱鞘炎の原因は「いつもの靴」や「よそいき用のお気に入りの靴」にあるのかもしれません。

スポーツが起因ではない場合も

足の腱鞘炎はスポーツなどの酷使によるものだと言われていますが、中には「日常生活程度の運動量、スポーツや運動すらしていない」という方が腱鞘炎に悩むケースもあります。

足の腱鞘炎はダンスやサッカー、バスケットボールなど足を酷使する方だけの病気とは言い切ることができません。

一番多いのが、靴が自分の足に合わないことだとされています。

ひも靴の強い締めつけや、ブーツなど足の動きを制限してしまう物、足の形をキレイに見せるためのハイヒールが足の腱や腱鞘を圧迫し、駆動を妨げた結果炎症に発展することが指摘されています。

運動をしている方でも、バスケットシューズ・バレエシューズ等の締めつけというような、運動とは直接かかわらないところで炎症に発展していることもあります。

sponsored link

治療法はセオリーに則って。

足の腱鞘炎に関する治療法は、一般的な腱鞘炎の治療法に準じています。

まずは原因を特定した後に、その原因を取り除く工夫を行います。

スポーツの時は一時中止し休養期間を設けて、靴が原因の場合はその靴を履くのをやめ、自分の足に合った物を選ぶようにします。

炎症を治すには、安静が一番とされていますが、痛みの状態によってはステロイド注射を行い、湿布を貼るなどの外用薬治療も行う場合があります。

セオリー通りの治療が確立されているので、これに則って治療を進めることが一般的です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>