sponsored link

足の腱鞘炎を再発させないためには?リハビリの仕方とは?

f8ac24eb3988325e33c4e09284804a08_s

足の腱鞘炎を再発させないためにはリハビリが大切です。

f8ac24eb3988325e33c4e09284804a08_s

手術をせずとも理学療法を行いましょう

足の腱鞘炎の症状を和らげるためにリハビリ(理学療法)が用いられることがあります。

腱鞘炎の症状は筋肉や骨をつなぎとめる腱と、それらを束ねて包む役割を果たす腱鞘(けんしょう)が炎症を起こしている状態です。

筋肉を鍛えることで腱や腱鞘に負担をかけずスムーズに動かせるように予防策を講じることができます。

そのため、足の腱鞘炎の痛みの症状が治まったら、できるだけ早く筋肉を動かすようなリハビリを行いましょう。

整形外科などでは、理学療法士の指導のもとで筋力アップの運動を指導されることがあります。積極的に体を動かして行くことで、腱鞘炎に負けない体を作ることができます。

sponsored link

ストレッチも効果的

運動やリハビリを行うのはいいけれど、突然体を動かすことは腱・腱鞘共に大きな負担をかけてしまうことにつながります。

突然激しい体の動きを取ることで急激に腱が伸びますので、腱鞘にも良いことはありません。

中には体を動かすことは苦手だと感じている方も多いことでしょう。

ここでおすすめしたいのはストレッチです。

呼吸を意識しながらゆっくり筋肉や腱を伸ばして行くので、負担をかけることはありません。ストレッチをすることで、筋肉が柔らかく変わるため、痛みの再発も防ぐことができます。

また1日5分ほどの動きで十分ですので、足の腱鞘炎に悩む高齢者の方にも勧められています。

どんな動きをするのがいいの?

足の腱鞘炎を予防・痛みを緩和するために、痛みがある部位の筋肉だけをストレッチするのはリハビリ的観点からもオススメすることができません。

下半身全体の筋肉バランスを整えること、筋肉すべてを柔らかくすることが大切だとされています。

動画サイトでは、さまざまな部位に起こる腱鞘炎の悩みを解消するべく、ストレッチの方法を詳しく説明している物が数多く投稿されているので、その動画を見ながら体を動かして行くことをお勧めします。

ただ動きをまねるだけではなく、この動きをすることでどんな筋肉が伸びるのかを意識しながら行うとより効果的です。

★神の手を持つ18人に選ばれた、上田康浩監修の腱鞘炎対策法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>